2011年02月22日

昨日は玉名で

研修会でした



今回はバイオリンクの雄志の研修会

狭い会場に、九州各地から薬屋の先生達が集まります。

パンちゃんも片道3時間半ほどかけて参加してます(^-^;

今日はみんなで カネミ油症 を取り上げたドキュメンタリーを最初に見ました。

「病気のデパートと呼ばれる」ほど様々な症状に、多くの患者さんが、今なお苦しんでいる事に心が痛みます。

そして子どもや孫の世代にも影響が広がっている事にも驚きました。
ほんのわずかな量のダイオキシン類が、心と体をむしばみ、そして人生にも大きな影響を及ぼす

今の私達が口にするものには多くの化学物質が含まれています。

薬も多くが化学物質です

考えさせられます。  



最後のディスカッションで、長崎県から参加の先生から
「原爆の時、広島は抗議し、長崎は祈る」という言葉を聞きました。
特に五島の患者さんにはキリスト教の方が多く、神の試練ととらえ
、いまなお多くを語らない方も多く、カネミ油症の
被害の全貌はわからないそうです。




Posted by パンちゃん at 04:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昨日は玉名で
    コメント(0)